スマートフォン用の表示で見る

西濃鉄道

地理

西濃鉄道

せいのうてつどう

概要

西濃鉄道岐阜県大垣市で貨物輸送をしている貨物鉄道会社。各地の臨海鉄道を除くと、旅客営業をしない貨物専業の私鉄としては岩手開発鉄道とともに最後の存在である。

樽見鉄道の株50%以上を保有している主要株主でもある。

赤坂金生山の石灰石新日鐵名古屋製鉄所内の矢橋工業名古屋事業部まで運んでいる*1

かつては付近の石灰石業者から鉄道での製品出荷が行われていたが、現在では関連会社の西濃鉄道通運によるトラック輸送に変わっている。

金生山付近の石灰石事業者が共同設立した会社であり、同じく大垣市に本拠のある西濃運輸とはまったくの無関係である。

路線

昼飯線 美濃赤坂〜昼飯間1.9km(2006年に廃止)

市橋線 美濃赤坂〜猿岩?間2.6km

路線はこのようになっている。

左側が昼飯線、右側が市橋線