スマートフォン用の表示で見る

西本聖

スポーツ

西本聖

にしもとたかし

プロ野球選手(投手)・指導者・解説者。

右投右打。背番号は26→25→24。

1956年6月27日生まれ。愛媛県出身。

松山商から1974年、ドラフト外読売ジャイアンツに入団。

1976年、イースタンリーグ最多勝を獲得。

3年目の1977年リリーフ投手として一軍に定着した。

先発に転向し、1980年からシーズン連続で2桁勝利を記録。1981年には沢村賞を受賞。

定岡正二とは親友で、同じくチームメイトの江川卓をライバル視しており、藤田元司監督の下、江川・定岡と共に三本柱の一角として活躍。

足を大きく上げるダイナミックなフォームと、切れの鋭いシュートが特徴の投手であった。守備も優れており、投手ゴールデングラブ賞8回は桑田真澄と並ぶ最多記録である。

1988年、成績が低迷したこともあり、1989年、中尾孝義とのトレードで中日ドラゴンズに移籍し、復活。20勝で最多勝のタイトルを獲得。

1991年椎間板ヘルニアの手術を受け、翌年1992年は1勝にとどまった。

1993年土井正三に招聘されオリックス・ブルーウェーブに移籍。

1994年、長嶋茂雄の下で読売ジャイアンツにテスト生という形で復帰するが、一軍に昇格することはならず。

現役引退後はテレビ東京野球解説者を経て、2003年、星野仙一に招聘され、阪神タイガース投手コーチを1年務める。

現在は文化放送野球解説者の傍ら、マスターズリーグ札幌アンビシャスの選手、モルツ球団の選手として活躍。

引退試合

読売ジャイアンツ一球団で現役を終え、ライバルといわれた江川卓とは対照的に、3球団を渡り歩き、テスト生として幕を閉じた西本の引退試合を球団は用意できなかった。

彼の引退試合を企画したのは、入団以来のライバルで親友でもある定岡正二であった。

定岡は自分の仲間を集めてサダーズを結成し、西本と対戦。

西本のチームに集まったのは桑田真澄山本昌広立浪和義平井正史(西本の後輩)といった彼が所属した球団で、彼を慕う選手たちであった。

試合には当時の監督・長嶋茂雄氏も駆けつけ、代打として登場するサービスもあった。