西銘恒三郎

社会

西銘恒三郎

にしめこうさぶろう

(1954年8月7日 - )

日本の政治家。自由民主党所属の前衆議院議員(2期)。元沖縄県議会議員(4期)。那覇市長、衆議院議員沖縄県知事を務めた西銘順治は父。元参議院議員西銘順志郎は長兄。

2003年、第43回衆議院議員総選挙自由民主党公認(公明党推薦)で、この総選挙から新設された沖縄県第4区から出馬し、当選。2005年の第44回衆議院議員総選挙で再選。2008年、福田康夫改造内閣国土交通大臣政務官に任命され、麻生内閣まで務める。2009年、第45回衆議院議員総選挙自民党公認公明党推薦で沖縄4区から出馬したが、民主党公認国民新党沖縄社会大衆党推薦)の瑞慶覧長敏に敗れ、比例復活も叶わず落選した。