西澤ヨシノリ

スポーツ

西澤ヨシノリ

にしざわよしのり

プロボクシング選手。

ファンから「さん」付けで呼ばれる(たぶん)唯一のボクサー。

1966年1月11日生まれ。 長野県上田市出身。ヨネクラボクシングジム所属。

1986年、プロデビュー。

1988年、全日本新人王ミドル級獲得。

1997年、日本ミドル級王座獲得。

1999年、OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座獲得。

2001年、OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座獲得(2回目)。

2004年1月19日、WBA世界スーパーミドル級王者アンソニー・ムンディンに挑戦するが、5RTKO負け。

2004年4月20日、OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座獲得(3回目)。

2004年12月18日、ドイツバイロイトにてWBC世界スーパーミドル級チャンピオンマルクス・バイエルに挑戦するが、12R判定負け。

2005年6月21日、OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者デール・ウエスターマンに挑戦し、判定負け。

2005年10月18日、OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座決定戦に出場するが、判定負け。

2006年11月21日、OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王座決定戦で、マリカ・カトニヘレを1回1分39秒KOで下し、日本人初の40代王者となる。

2007年、王座陥落に伴い引退勧告を受けるが、オーストラリアに渡り現役続行。

2007年7月20日オーストラリアのニューサウスウエルズ州において、WBFアジア太平洋ライトへビー級王座決定戦に出場し、KO勝利。

* リスト::ボクサー