青海チベット鉄道

地理

青海チベット鉄道

せいかいちべっとてつどう

正式名称:青蔵鉄道公司

中国青海省西寧からゴルムド(格爾木)を経て同国チベット蔵族自治区首都・ラサ(拉薩)を結ぶ鉄道1984年に西寧〜格爾木間が開通、2001年より着工を再開し、2006年7月に全線開通。

「公司」とあるように、厳密には国鉄線の扱いではなく、地方鉄路(省営)という扱い。とはいえ、国家の威信を掛けて建設された鉄路であり、その意気込みは中国大使館のサイトで垣間見ることができる。

世界で最も高い所を走る鉄道で、ゴルムド(格爾木)から先の平均高度は4000メートル。途中崑崙山脈や世界鉄道最高所のタングラ(唐古拉)峠(高度5072メートル)を越える。永久凍土の上を走るために、沿線には特殊な凍土対策が施されている。

上海北京広州、蘭州(西寧)〜拉薩間に旅客列車が運行。客車は高山病を防止するために窓を密閉し*1、飛行機と同じ空調設備や酸素吸入チューブなどが備えられている。

*1:ただしトイレの窓は開くので意味がないという話も