スマートフォン用の表示で見る

青騎士

読書

青騎士

あおきし

1911年ロシア人の芸術家ヴァシリー・カンディンスキーによって作られた新芸術の組織。名前は当時彼らが好んだ「青」「馬」「騎士」から由来する。

活動としては短命であったが、大きな特徴として、「青騎士」展に参加する作家たちに特別な芸術傾向や同一行動を課すことがなく、芸術家も20世紀の美術の発展に重要な役割を果たす人物が非常に多いため現代美術を語る上で外すことの出来ない活動の一つである。

主な参加芸術家

原作:手塚治虫

「あおきし」と読む