青梅特快

地理

青梅特快

おうめとっかい

JR中央線首都圏)の快速電車の一種。

中央快速線速達列車はかつては「特別快速」と呼ばれていたが、現在は青梅線へ乗り入れるもの(青梅、河辺、武蔵五日市高麗川発着)が「青梅特快」と呼ばれ、中央線八王子高尾、大月行きは「中央特快」と呼ばれる。

停車駅は東京神田御茶ノ水四ツ谷新宿、中野、三鷹国分寺立川青梅間各駅。

昭和末期に追い越し設備ができるまでは国分寺も通過していた。中央特快国分寺に停車していたため青梅特快中央特快の区別が生まれたが、いまでは停車駅が同じなので方向を示すぐらいの役割である。また、国分寺通過は特急列車と時間をかぶらせることによって少ない待避線で数多く快速列車を追い抜かすためでもあった。

データイムは1時間に1本ある。

車両は豊田車両センターE233系0番台が使用される。

土・休日には新宿発着で青梅線内も通過駅のあるホリデー快速として走る列車もある。この列車の種別は単なる「特別快速」。

中央線内や青梅線内で人身事故など起きると即座に青梅線への乗入れが中止される場合がある。