青柳文蔵

社会

青柳文蔵

あおやぎぶんぞう

宝暦11年(1761年)〜天保10年3月14日(1839年4月27日)

日本の江戸時代末期の公事師兼商人。仙台藩にあった青柳文庫の名前の由来となった人物として知られている。