青嵐会

社会

青嵐会

せいらんかい

かつて日本の自由民主党内に存在した政策集団中川一郎石原慎太郎浜田幸一などの自由民主党内のいわゆるタカ派の衆参両若手議員31名がメンバーとなって1973年に結成された派閥横断的な集団である。

田中角栄内閣に対するけん制を目的とし、親中華民国中華人民共和国との国交を結ぶことに反対していた。反共国家の結束を重視し、自民党議員北朝鮮訪問に断固反対する一方、韓国朴正煕政権とは友好関係を持った。一方でソビエト連邦に対しては好意的な節があり、勉強会を開くなどしていた。

自民党中川派の成立により、1979年に解消。