スマートフォン用の表示で見る

青鞜

社会

青鞜

せいとう

 明治44年(1911年)9月号にて当時26歳だった平塚らいてうが創刊した、純粋に「女性の、女性による、女性のため」の文芸誌。当時の寄稿者も25歳前後のじつにみずみずしい印象を受ける女性たちである。

 誌名の由来は、欧州の知的女性がはいていた「青い・ストッキング」に由来する。

 1913年には文部省の理想とする「良妻賢母」のイメージと異なると言う理由で発禁処分を受ける。

平塚らいてうが降りたあとは伊藤野枝が編集長を続けたが、大正5年(1916年)2月号にて、休刊した。