静岡県立静岡高校 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

静岡県立静岡高等学校

しずおかけんりつしずおかこうとう

静岡県静岡市葵区にある県立の高等学校

現在は全日制普通科定時制からなる。県内トップクラスの進学校として名高い。生徒数は全日制が約960名、定時制が約160名である。地元では『静高』と略される。

沿革

  • 1878年 - 静岡師範学校内に中等科を開設
  • 1879年 - 静岡師範学校から中等科が分離し静岡中学校として発足
  • 1886年 - 静岡中学校・浜松中学校・沼津中学校を合併して静岡県立静岡中学校と改称。更に静岡県立静岡尋常中学校と改称
  • 1887年 - 静岡市西草深町に校舎が完成。静岡県尋常中学校に改称
  • 1898年 - 静岡県静岡尋常中学校に改称
  • 1899年 - 静岡県静岡中学校に改称
  • 1900年 - 静岡市長谷町に移転
  • 1901年 - 静岡県立静岡中学校に改称
  • 1948年 - 学制改革により静岡県立静岡第一高等学校となる
  • 1949年 - 静岡県立静岡城内高等学校に改称、男女共学となる
  • 1953年 - 静岡県立静岡高等学校に改称

部活動

野球部は静岡中時代、1926年第12回全国中等学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)で全国制覇している。以来、甲子園への出場は県内の高等学校で最も多い。

その他、男子バスケットボール部や男子バレーボール部が有名である。