斉藤明夫

スポーツ

斉藤明夫

さいとうあきお

70〜90年代のプロ野球選手。指導者。

旧名「斉藤明雄」。

右投右打、ポジションは投手背番号は17番。*1


1955年2月23日生まれ。京都府京都市伏見区出身。

花園高校から大阪商業大学に進学。佐藤義則日本大学)、森繁和駒澤大学)とともに「大学球界三羽烏」と呼ばれる。

1976年、ドラフト1位で大洋ホエールズに入団。

1977年、8勝9敗で新人王獲得。

先発からリリーフまでフル回転で、17年間に渡り601試合に登板。遠藤一彦らと共にホエールズ投手陣を支えた。

1982年、登録名を「明夫」に変更。史上初の30セーブを達成。

1989年7月3日、中日ドラゴンズ戦で100勝100セーブを達成*2

また短気な一面を持ち、よく乱闘に参加していた。

1989年、選手兼任コーチとなる。

1993年現役引退

大洋ホエールズ横浜大洋ホエールズ横浜ベイスターズを通じて在籍した唯一の選手である。


引退後は、フジテレビ野球解説者を務める。

1996年、横浜ベイスターズ投手コーチに就任。

1998年、コーチとして38年ぶりのセ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

2000年からはフジテレビニッポン放送野球解説者を務める。

また、マスターズリーグ東京ドリームスの選手として活躍、背面投げを披露。


2006年、横浜ベイスターズの監督候補に挙がる。

2007年、横浜ベイスターズの一軍投手チーフコーチに就任し、現場復帰。

2009年より再び、フジテレビニッポン放送野球解説者を務める。


2013年、千葉ロッテマリーンズの一軍投手コーチに就任。登録名を「齊藤明雄?」とする。

*1ホエールズベイスターズエースナンバー

*2江夏豊山本和行に続き史上3人目、当時右投手として初めての快挙。