税関・国境警備局

社会

税関・国境警備局

ぜいかんこっきょうけいびきょく

アメリカ合衆国税関・国境警備局

(CBP = United States Customs and Border Protection)

アメリカ合衆国の税関や国境警備を担当する、国土安全保障省の一部門である。国土安全保障省が所管する部局では最大規模の政府機関で、テロ対策や人身売買、麻薬密輸の取締りのほか、農業害虫の侵入防止など、違法または危険な活動から国内の安全を保障することを任務とする。 国境に関する事項を統一して扱う政府機関としての性質上、約52,000人という大規模な人員を抱え、空港、港湾、国境検問所、国境周辺などに配置されている。アメリカ同時多発テロ事件を受け、従来の司法省財務省、農務省などに分散していた関係各機関を統合して発足した。