昔話の形態学

読書

昔話の形態学

むかしばなしのけいたいがく

1928年、ロシア・フォルマリズム論客であったウラジーミル・プロップがこの本のなかで、「あらゆる魔法昔話」を、7つの行動領域、31の要素に分類したという。