スマートフォン用の表示で見る

石井弘寿

スポーツ

石井弘寿

いしいひろとし

ヤクルトスワローズ投手、コーチ。背番号 61

1977年9月14日生まれ。千葉県出身。180cm80kg。左投左打。

東京学館高-ヤクルトスワローズD4位(1995-)

球界屈指の左のセットアッパー。150キロ前後を平均値で出す日本最速左腕。

五十嵐亮太投手とともに"ロケットボーイズ"と呼ばれる事もある。

02年には金田正一投手を超える球団史上最多の69試合に登板。

防御率1.51の好成績を収めて最優秀中継ぎ投手に選ばれる。

2004年度シーズンは高津臣吾投手MLBシカゴ・ホワイトソックスへの移籍のためストッパーが不在となったため、同じロケットボーイズ五十嵐亮太投手とその座を争うことになったが

右わき腹痛のために開幕当初より戦線離脱。

その後アテネ五輪日本代表として招集された事もあり、セットアッパーとして活躍した。

しかし酷使がたたり、肩を痛めて2007年から一軍登板がなくなる。

2011年、現役引退。引退試合で4年ぶりの一軍マウンドに上がった。

2012年、東京ヤクルトスワローズの二軍育成コーチに就任。


自称「ヤクルトブラッド・ピット」で、五十嵐とビジュアル面を争っているらしい。

チャームポイントはヒゲ。

また横浜ベイスターズ相川亮二捕手は高校時代の1学年上の先輩。

リスト::野球選手