スマートフォン用の表示で見る

石井琢朗

スポーツ

石井琢朗

いしいたくろう

プロ野球選手。本名「石井忠徳」。

1970年8月25日生まれ、栃木県出身。174cm75kg。右投左打、ポジションは投手三塁手遊撃手

プロ入り時は投手だったが、1992年に三塁手転向、登録名を本名から現在の「琢朗」とする。1996年に大矢明彦監督の方針により遊撃手に転向し定着。

波留敏夫と1、2番コンビを組み、走攻守揃った選手として活躍。

また永きに渡り、同年代で親友の進藤達哉と三遊間コンビを組んだ。

1998年には不動の1番打者としてマシンガン打線を牽引し、打撃面でも活躍。チーム38年ぶりのセ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。2003年にプロ入り初の不振に陥るも、翌2004年には復活。現在もトップバッターとしてチームを支える。

2006年5月11日、横浜スタジアムでの東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、愛敬尚史から中前安打を打ち、通算2000本安打達成。*1

2012年シーズン限りで引退予定。

球歴

年度所属チーム背番号備考
1986〜1988足利工業高校-甲子園出場あり
1989〜2008横浜大洋ホエールズ661988年ドラフト外
(93年より横浜ベイスターズ01993年のみ
51994年より
2009〜広島東洋カープ25

投手としての成績

試合奪三振防御率
2814235.69

個人タイトル

タイトル名受賞年度
ゴールデングラブ賞1993〜1995、1998
盗塁王1993、1998〜2000
ベストナイン1997〜2001
最多安打1998、2001

著書

疾走!琢朗主義

疾走!琢朗主義

リスト::野球選手

*1:勝利投手経験者としての2000本安打川上哲治に続き2人目、ドラフト外入団の2000本安打秋山幸二に続き2人目。