石井茂雄

スポーツ

石井茂雄

いしいしげお

60〜70年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は20→37番。

1939年5月6日生まれ。岡山県出身。

勝山高校を中退し1957年阪急ブレーブスに入団。

1963年、一軍に定着し米田哲也梶本隆夫と共にブレーブス投手陣の「三本柱」として活躍。

1964年、28勝を挙げ、1965年には21勝を挙げ最高勝率のタイトルを獲得。

打撃もよく、1965年5月21日には1試合3二塁打、1三塁打を打った。


1973年、金銭トレードで太平洋クラブライオンズに移籍。先発投手して活躍。

アンダースローに転向、スローボールで鳴らした。


1979年、テスト入団で読売ジャイアンツに移籍。

同年、現役引退。通算成績は705試合登板、189勝185敗3S。


現在は福岡市でスナックを経営。