石井良

石井良

(読書)
いしいりょう

翻訳家。1931年生まれ。上智大学文学部独文科卒。ドイツ精神史、ナチ時代の抵抗運動、緑の党を含む「第三の道」に関する邦訳のほか、エッセイも執筆。

翻訳

  • 『空母フランクリン大破せり」J.T.オカラハン 田中武,小野浩三共訳.出版協同社,1962
  • 『抵抗のアウトサイダー :クルト・ゲルシュタイン」ソール・フリートレンダー 産業行動研究所,1971
  • 『神秘的事実としてのキリスト教と古代密儀」ルドルフ・シュタイナー 人智学出版社,1981.3
  • 『ルドルフ・シュタイナー著作全集 神秘学概論」樋口純明共訳.人智学出版社,1982.8
  • 『ユングとシュタイナー 対置と共観」ゲルハルト・ヴェーア 深沢英隆共訳.人智学出版社,1982.3
  • 『エコロジー・ヒューマニズム 成長妄想からの決別-地球略奪への対案としての第三の道」ヴィルフリート・ハイト 編 ; ギュンター・バルチュ、ヨーゼフ・ボイスほか共著 荒川宗晴、石川裕一、深澤英隆共訳.人智学出版社,1984.5
  • 『植民地主義とは何か」ユルゲン・オースタハメル 論創社,2005.10

新着ブログ: 石井良