スマートフォン用の表示で見る

石灰岩

サイエンス

石灰岩

せっかいがん

炭酸カルシウムを主成分とする堆積岩。

石灰岩が熱変性作用を受け、結晶化したものが大理石(結晶質石灰岩)である。

サンゴや有孔虫などの生物起源のものと、化学的沈殿によるものがある。生物起源の場合は化石を含んでいる場合がある。

日本では、山口県秋吉台滋賀県岐阜県境の伊吹山三重県滋賀県境の藤原岳などが石灰岩地として有名である。石灰岩は雨水によって溶解し、鍾乳洞カルスト地形が形成される。石灰岩地では、石灰岩地に特有の動植物がみられる。