スマートフォン用の表示で見る

石橋義正

映画

石橋義正

いしばしよしまさ

1968年京都市生まれ。

NYや巴里現代美術館で話題を呼び、世界の現代アート界で活躍するクリエーター。

京都市立芸術大学院に在籍中、'93年には英国王立芸術大学(RCA)映画科へ交換留学のためロンドンへ。'97年に初の劇場映画『狂わせたいの』を自ら製作、監督。翌年のストックホルム国際映画祭で話題になり、第8回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞受賞。アート、舞台、音楽、出版など様々なカテゴリーの枠を越えて活躍する、映像&パフォーマンス・ユニットのKYUPI KYUPIの主宰としてアートの世界で精力的に活動する一方、'00年には、今までのTV番組の常識を破ったブラック・ユーモア満載の、初のTVシリーズ『バミリオン・プレジャー・ナイト』を発表。その斬新な映像センスは、世界各国の映画祭ディレクターからも「日本映画界のニューウェイブの象徴」と称えられる。

(参考)  http://www.aii.co.jp/contents/vpn/_data/vpn/director.html