スマートフォン用の表示で見る

石見銀山

地理

石見銀山

いわみぎんざん

名前の通り、石見(現在の島根県)にあった銀山。鎌倉時代に発見され、室町期に本格的な開発が進む。戦国期には毛利、尼子らの戦国大名の重要な資金源として、争奪の対象となった。のちに江戸時代になると天領幕府直轄領)となり、奉行・代官が置かれた。

最盛期は江戸時代初期で、この時期は世界最大級の銀山であったと推測される。

2007年、アジア鉱山遺跡としては初の世界遺産指定。

2008年には遺跡を後世に伝えるための石見銀山基金募金委員会設立され、官民協働保全活動がされている。