石原莞爾

一般

石原莞爾

いしわらかんじ

(1889-1949) 陸軍軍人。山形県生まれ。関東軍参謀として満州事変を引き起こし、満州国創設を推進したが、のち、東条英機と対立し、1941年(昭和16)予備役東亜連盟の指導者。


三省堂大辞林 第二版」による。


また、最終戦争論と法華経の信者としても知られる。