スマートフォン用の表示で見る

石黒達昌

読書

石黒達昌

いしぐろたつあき

1961年北海道生まれ。外科医、作家。

1989年、『最終上映』で海燕新人文学賞を受賞。同年デビュー。

1994年に『平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……』で芥川賞候補。この作品は後に『新化』として翻案されている。

2000年に発表した『人食い病』が翌年の星雲賞日本短編部門の候補作*1となるなど、本業を生かした科学的(ないしSF的)なテイストの作品が多い。

2005年1月、『目をとじるまでの短かい間』で第132回芥川賞の候補となる。

*1:受賞作は梶尾真治『あしびきデイドリーム