石山合戦

社会

石山合戦

いしやまかっせん

石山合戦(いしやまかっせん)

1570年〜1580年9月にかけての、浄土真宗本願寺勢力(一向一揆)と織田信長との戦い。信長本願寺11世法主顕如らによる信長包囲網を壊滅させ、勝利した。これにより各地の宗教一揆は激減することになり、宗教の非武装化がより一層加速され、日本における政教分離の基礎となった。