スマートフォン用の表示で見る

石山修武

一般

石山修武

いしやまおさむ

建築家

1944年生まれ。1968年早稲田大学大学院修士課程修了後、同年ダムダン空間工作所開設に参加。1985年吉田五十八賞、1995年日本建築学会賞、1996年 ヴェネツィアビエンナーレ建築金獅子賞、1998年日本文化デザイン賞、1999年織部賞、2002年芸術選奨文部科学大臣賞など受賞。

建築史家渡辺保忠、技術者川合健二を師とする。1987年同大学教授。代表作に幻庵(1975)、卵型ドーム(1981)、伊豆の長八美術館(1984)、一連の建売住宅群など。代表著作に『バラック浄土』『笑う住宅』『秋葉原感覚で住宅を考える』『現代の職人』など。フリーな技術を身につけようとしてきた建築家。1980年代の建築学生の一方の試行を先導した。