石狩低地東縁断層帯

サイエンス

石狩低地東縁断層帯

いしかりていちとうえんだんそうたい

石狩低地東縁断層帯は、北海道西部の石狩平野とその東側に分布する岩見沢丘陵、栗沢丘陵、馬追丘陵との境界付近に位置する活断層帯。主要活断層帯に指定されている。

その分布形態から石狩低地東縁断層帯主部と石狩低地東縁断層南部に区分される。

石狩低地東縁断層帯主部は、北海道美唄市から岩見沢市夕張郡栗山町夕張郡長沼町夕張郡由仁町千歳市を経て、勇払郡安平町に至る断層帯。長さは約66kmと推定され、東側が西側に対して相対的に隆起する逆断層

石狩低地東縁断層南部は、千歳市から勇払郡安平町苫小牧市勇払郡厚真町を経て、沙流郡日高町沖合の海域に至る断層帯。長さは54km以上と推定され、東側が西側に対して相対的に隆起する逆断層

過去の活動

石狩低地東縁断層帯主部の平均的な上下方向のずれの速度は、0.4m/千年以上の可能性がある。最新の活動は1739年以後、1885年以前であった可能性があり、平均的な活動間隔は、1千-2千年程度であった可能性がある。

石狩低地東縁断層南部の平均的な上下方向のずれの速度は、0.2m/千年程度の可能性がある。最新活動時期を含めた最近の活動履歴については不明。

将来の活動

石狩低地東縁断層帯主部は、全体が1つの活動区間として活動した場合、マグニチュード7.9程度の地震が発生する可能性がある。その際、断層の近傍の地表面では、東側が西側に対して相対的に約2mもしくはそれ以上高まる段差や撓みが生ずる可能性がある。

石狩低地東縁断層南部は、全体が1つの活動区間として活動した場合、マグニチュード7.7程度以上の地震が発生する可能性がある。その際、断層の近傍の地表面では、東側が西側に対して相対的に4m程度以上高まる段差や撓みが生ずる可能性がある。石狩低地東縁断層南部では、最新活動時期が特定できていないため、通常の活断層評価とは異なる手法により地震発生の長期確率を求めている。そのため、信頼度は低くなるが、将来このような地震が発生する長期確率には幅があり、その最大値をとると、石狩低地東縁断層南部は、今後30年の間に地震が発生する確率が、我が国の主な活断層の中ではやや高いグループに属することになる。