石上麻呂

社会

石上麻呂

いそのかみのまろ

舒明天皇12年(640年)〜霊亀3年3月3日(717年4月22日)

日本の飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した貴族。父は物部宇麻呂

氏姓ははじめ物部連で、後に物部朝臣さらに石上朝臣に変えた。勢力が衰えていた物部氏の一族としては異例の昇進を遂げ、右大臣などを歴任した。