石津謙介

読書

石津謙介

いしづけんすけ

1911年10月20日 - 2005年5月24日)

岡山県岡山市出身のファッションデザイナー。日本メンズファッション協会最高顧問。ファッションのみならず、音楽、ライフスタイル、思想に至るまで、日本の戦後文化に大きな影響を残した人物。

戦後はファッションメーカー・レナウンに勤務した後1951年に独立し、「VAN」ブランドとして知られる「株式会社ヴァンヂャケット」を設立。。特にブレザーとボタンダウンシャツをベースとした学生のファッションスタイルを「アイビールック?」として紹介し、若者のファッション文化に改革をもたらした。さらに銀座にある「みゆき通り」をそれを着た若者で埋め尽くす「みゆき族」まで登場した。また1964年東京オリンピック日本代表選手団の赤い公式ブレザーや、1966年から1968年にはサンケイアトムズの試合ユニフォームをデザインした。また当時、国鉄警視庁日本航空ヤマハなども石津デザインのユニフォームを採用した。1978年に株式会社ヴァンヂャケットが約500億円の負債を抱えて経営破綻(その後再建)した後はフリーのファッションデザイナーとして活動する傍ら、衣・食・住のライフスタイルを積極的に提案した。

「時・場所・場合を考慮して」という意味でよく用いられる「TPO(Time、Place、Occasion)」、「カジュアル」、「Tシャツ」、「トレーナー」、「スウィングトップ?」、「ステンカラーコート」、「へビー・デュティー?」などの和製ファッション用語を定着させたのは彼であり、「キャンペーン」(組織的な宣伝活動)や、「プレミアム」(賞品)といった業界用語VANの企業戦略から生まれたものである。現在に至るまで定着している、それらのフレーズの数は500は下らないと言われている。