石田幹之助

読書

石田幹之助

いしだみきのすけ

1891-1974 東洋史学者。千葉県生まれ。文学博士。東方学会会長。

その研究はアジア史のあらゆる分野に及ぶが、中でも唐代の文化史、特に同時代を中心とする東西文化交渉史に優れた業績を挙げた。

モリソン文庫の将来以来、1934年まで「東洋文庫」主事としてその運営に力を尽くした。

著書に『長安の春』『東亜文化史叢考』等。