スマートフォン用の表示で見る

石田散薬

一般

石田散薬

いしださんやく

土方歳三の生家、土方家に伝来の薬。

石田村(現在の東京都日野市石田)近辺の浅川の河原に生える牛額草(ミゾソバ)が原料。

土用の丑の日に刈り取ったものを天日で乾燥させ、黒焼きにするなどした後、煎じた物。熱燗にした日本酒で服する。

効能は、曰く「骨つぎ、打ち身、挫き、筋つれ、腕腰痛(明治時代の宣伝用資料より)」の他、切り傷にも効果があると謳われている(鎮痛効果があるということか)。

土方歳三も浪士組として京に上る以前の一時期、剣術の稽古の合間に行商としてこの薬を売り歩いていた。

また、京都においても新選組の常備薬だったといわれている。

明治に入ってからも製造販売は続けられていたが、大東亜戦争後の薬事法改正による成分分析を行ったところ、「無効・無害」との検査結果が出たことから、製造は中止された。