石田忠

社会

石田忠

いしだただし

社会学者、元日本原水爆被害者団体協議会専門委員、一橋大学名誉教授。

2011年1月25日、死去。94歳だった。

島根県出身。

厚生省の第1回被爆者実態調査(1965年)で、長崎被爆者の生活調査を担当した。

1977年非政府組織NGO被爆問題国際シンポジウム開催にも尽力。

被爆の実態が報告され「ヒバクシャ」という言葉が世界に広まるきっかけとなった。

amazon:石田 忠