スマートフォン用の表示で見る

石田民三

映画

石田民三

いしだたみぞう

リスト::映画監督

日本の映画監督

経歴

  • 1901年 銘酒「百千鳥」の醸造元の家に生れる。
  • 1924年 東亜キネマ、京都等持院撮影所に俳優として入社。まもなく、監督に転身。
  • 1926年 監督第一作『愛傷』を手がける。
  • 1938年 『花ちりぬ』で名声を集める。
  • 1939年 『むかしの歌』を監督。『花ちりぬ』とともに石田の代表作となる。
  • 1940年 病気で降板した成瀬巳喜男に代って『化粧雪』を監督。
  • 1947年 『縁は異なもの』を最後に監督を引退する。悠々自適の生活に入る。
  • 1972年 死去。享年71歳。
  • 1973年 『京洛風流抄』が刊行される。

親戚

  • 養子 石田清文?(俳優)

監督作品