赤核

サイエンス

赤核

せきかく

中脳のうち、大脳脚に含まれる中脳被蓋の中で赤く見える部位のこと。ここは血管が沢山集まっているため赤く見える。

大脳皮質の運動野と小脳からの入力繊維があり、オリーブ核と脊髄に出力繊維がある。この配線により赤核は運動野と小脳の間に介在することで、小脳による運動制御を可能としている。