時代とともに変わってきた、好きな色と私 - いっぽいっぽ日記