スマートフォン用の表示で見る

赤松晴政

社会

赤松晴政

あかまつはるまさ

永正10年(1513年)?〜永禄8年1月16日(1565年2月16日)

日本の戦国時代の武将。大名。赤松氏の当主。父は赤松義村。

播磨国の大名だったが、家臣の浦上村宗に傀儡とされた。その後、細川晴元と通じ、大物崩れの戦いで浦上村宗を討つが、尼子晴久に攻撃されるなど、領国経営は名のみであった。