赤松則祐

社会

赤松則祐

あかまつのりすけ

日本の鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。赤松則村の子。

室町幕府では禅律方に任命され、播磨備前摂津の守護も務めた。