赤池誠章

一般

赤池誠章

あかいけまさあき

日本の政治家1961年7月19日生まれ。山梨県甲府市出身。明治大学政治経済学部卒業。松下政経塾7期生。

1993年に第40回衆議院議員総選挙において、旧山梨全県区から無所属出馬したが落選。その後、1995年の第17回参議院議員通常選挙新進党公認で出馬したり2000年の第42回衆議院議員総選挙無所属出馬したりしたが落選した。2005年の第44回衆議院議員総選挙山梨1区から自由民主党公認で出馬して小選挙区でら落選したが、比例南関東ブロック復活当選を果たした。保守派として国籍法改正案を検証する会合に賛同する議員の会にも参加して、偽装認知の危険性が極めて高い未婚の日本人の父と外国人の母の間に生まれ、出生後に認知された子が日本国籍を取得する際、その要件から「婚姻」を外すことを柱とした国籍法改正案に反対への運動にも積極的に取り組んでいる。