赤兎馬

動植物

赤兎馬

せきとば

中国後漢末期の猛将・呂布が乗っていたとされる馬。

後漢書』『三国志』などの正史にも記録があり、全身は炭火のように赤く、一日に千里を走ると言われた。

三国志演義』では、当初は董卓の愛馬であったが、呂布の同郷の李粛の勧めにより、呂布に与えられた。呂布は義父・丁原を斬ってまで、赤兔馬欲しさに董卓に寝返ることになる。呂布曹操に討たれると曹操の所有となるが、乗り手を得なかったため、曹操から客将の関羽に贈られた。当時、関羽劉備と離れ離れになっており、曹操からの贈り物すべてを拒絶していたが、赤兔馬を贈られると、劉備の消息が判明次第いつでもかけつけられると喜び、曹操を残念がらせた。関羽孫権に討たれると、関羽を捕らえた功績で馬忠に下げ渡されたが、赤兔馬は馬忠を主人としては認めず、絶食して死去した。

リスト::三国志関連