スマートフォン用の表示で見る

赤壁

地理

赤壁

せきへき

三国志」の「赤壁の戦い」で知られる中国の地名。その具体的な場所には諸説あるが、有名なのは湖北省の蒲圻の西(西北)という説であろうか。(現在、蒲圻は赤壁市と改名) 他に「嘉魚県東北」説、「武昌県西南」説などがある。

また、蘇軾が「赤壁賦」を作ったのは黄州(湖北省黄岡県)である。一説によると「赤鼻山」を誤って赤壁と取り違えたためにその場所を赤壁と思ったらしい。

区別のため、蒲圻の赤壁を「武赤壁」と呼ぶのに対し、黄州の赤壁を「文赤壁」と呼ぶ。