スマートフォン用の表示で見る

赤穂線

地理

赤穂線

あこうせん

JR西日本の路線(地方交通線)。

相生駅兵庫県相生市)と東岡山駅岡山県岡山市)の間57.4kmを、山陽線よりも海に近いルートで結ぶ。
全線単線、直流電化。途中駅には播州赤穂駅赤穂市)、備前片上駅備前市)等がある。

列車

普通列車のみの運転。列車は東岡山から山陽線に乗り入れ、岡山駅(以遠)まで運転される。相生から播州赤穂までの間は山陽線の新快速も乗り入れてくるが、赤穂線内は各駅停車となる。

歴史

1951年12月12日 相生−播州赤穂間 開業

1955年3月1日 播州赤穂−日生間 開業

1958年3月25日 日生−伊部間 開業

1961年3月30日 相生−播州赤穂間 電化

1962年9月1日 伊部−東岡山間 開業

1969年10月1日 播州赤穂−東岡山間 電化

赤穂線の開業に伴い、赤穂鉄道有年播州赤穂)、西大寺鉄道後楽園西大寺市)という2つの軽便鉄道が、それぞれ1951年1962年に廃止された。

駅名よみ
“えき”は略
接続路線
相生駅あいおい山陽新幹線
山陽本線
西相生駅にしあいおい
坂越駅さこし
播州赤穂駅ばんしゅうあこう
天和駅てんわ
備前福河駅びぜんふくかわ
寒河駅そうご
日生駅ひなせ
伊里駅いり
備前片上駅びぜんかたかみ
西片上駅にしかたかみ
伊部駅いんべ
香登駅かがと
長船駅おさふね
邑久駅おく
大富駅おおどみ
西大寺駅さいだいじ
大多羅駅おおだら
東岡山駅ひがしおかやま山陽本線


リスト::鉄道路線