節約疲れ

一般

節約疲れ

せつやくづかれ

不況による節約生活が長期化し、安い商品ばかり選ぶことに疲れた状態のこと。

手の届く小さな贅沢商品が売れる傾向が出てきた2010年頃より、消費活動を喚起したい企業の思惑も相まって、メディア上で使われることが多くなった。