スマートフォン用の表示で見る

説話文学

読書

説話文学

せつわぶんがく

神話伝説民話など口頭伝承を集録した文学作品の総称。広義には上代の叙事的な文学も含めるが、ふつうは、平安時代後期から室町時代にかけての「説話集」を対象とする。叙事的、伝奇的、教訓的、寓意的な要素を含み、内容上、「仏教説話」と「世俗説話」とに大別される。