絶対無

読書

絶対無

ぜったいむ

西田幾多郎場所の論理を説明する概念。あらゆる存在の根底となって包摂する実在が、絶対的な無であると想定したもの。「有即無、無即有」のように「有」と「無」を判断しづらい場合があるが、そうした判断の生じる意識は絶対無で包摂されるというもの。

関連

絶対神絶対他力絶対無敵絶対者絶対数