種の保存法 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

動植物

絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律

ぜつめつのおそれのあるやせいどうしょくぶつのしゅのほぞんにかんす

1993年平成5年)4月1日に施行された、日本の法律。絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存を図ることを目的としている。種の保存法とも呼ばれる。

この法律では「希少野生動植物種」を定めている。

  • 指定種の捕獲や所持・流通等の規制による個体保護
  • 指定種の生息地内の開発等を制限する生息地保護
  • 生物の保護増殖

が、種の保存法三本柱である。