スマートフォン用の表示で見る

仙腸関節

サイエンス

仙腸関節

せんちょうかんせつ

骨盤の真中にある「仙骨」とその左右の「腸骨」が接合する部分。

一般の解剖学的には「不動」とされるが、カイロプラクティックAKA治療は「可動」であり治療していく必要があると主張している。