千田夏光

読書

千田夏光

せんだかこう

従軍慰安婦 正続」双葉社(1973)の作者。

日本国内で慰安婦の存在を問題のあるものとして描き出した実質的に最初の本、この本により従軍慰安婦という名前が普及した。内容的には日本人慰安婦が主である。(本名:千田貞晴)