スマートフォン用の表示で見る

川越観光自動車

地理

川越観光自動車

かわごえかんこうじどうしゃ

東武鉄道グループの路線バス会社。

ルーツは1933年埼玉県川越市設立された観光バス会社である「川越自動車」で、川越市東松山市にバス営業所が、東松山駅と鶴瀬駅に旅行案内所が存在するなど、当初から埼玉県南西部が主なエリアであった。

1966年には東武鉄道グループとして「川越観光自動車」が設立、両社は1976年合併して現在に至る。

1998年4月1日より東武バスより3路線が移管され、路線バスの運行を始めたのと同時に観光バス事業は廃業となった。

その後、年々路線を増やし2002年には東武バス川越営業所森林公園出張所管内の全路線が移管され一挙に埼玉県中部に45路線を持つバス会社となった。同時に森林公園営業所を開設し、川越東松山の両営業所は統合され廃止となった。

なお、同社のバス事業は「川越観光バス」の名称が使われる。