スマートフォン用の表示で見る

川崎市交通局

地理

川崎市交通局

かわさきしこうつうきょく

川崎市営バス川崎市バス)を運営する、神奈川県川崎市の公共交通事業部局。

バス事業

川崎市全域でバス路線を運営。一部の路線は横浜市にも乗り入れている。

鉄道・軌道事業

1944年10月13日より路面電車川崎市電)を開業、1951年3月1日には無軌条電車トロリーバス)も開業する。しかし、市電1969年4月1日で全線廃止となり、トロリーバスも1967年5月1日で廃止となった。

1990年代には、新百合ヶ丘〜宮前平〜元住吉新川崎川崎間に地下鉄川崎縦貫高速鉄道線)を建設する構想が浮上。当初は第三セクター方式による建設、運営が考えられていたが、後に川崎市交通局を事業主体とする「川崎市営地下鉄」として建設、運営する方針に変更され、2001年5月11日に初期整備区間として新百合ヶ丘元住吉間の第一種鉄道事業許可を受けた。

しかし、着工予定時期の経済環境が悪かったため、川崎市は2003年6月に着工延期を決定。現在は初期整備区間を等々力緑地経由、武蔵小杉終点とする一部ルート変更により、2008年度補助採択、2010年度工事着工というスケジュールで計画が進められている(2018年度開業予定)。*1