川崎徳次

スポーツ

川崎徳次

かわさきとくじ

戦後のプロ野球選手、西鉄ライオンズの監督。

右投右打、ポジションは投手外野手背番号は21番*1

1921年5月7日生まれ。佐賀県鳥栖市出身。

久留米商業から満州鉄道を経て、1940年南海軍に入団。

1942年、応召。

戦後、1946年読売ジャイアンツに入団。投手として活躍。打撃も良く、1946年4月26日には1試合3本塁打を記録。

1949年、戦後の日米野球第1戦で先発登板。

1950年宇高勲の手引きにより、西鉄クリッパーズ創立と共に入団。

1951年西鉄ライオンズになると、宮崎要と共に、かつての師である三原脩を招聘。

1950年代ライオンズのエースとして活躍。1953年、24勝15敗、防御率1.98で最多勝最優秀防御率の二冠を獲得。

外野手としても出場した。


1957年現役引退。通算成績は188勝151敗。


1958年、コーチに就任。

1960年三原脩の退団を受けて、監督に昇格。

1962年、フロント入りし、球団常務取締役となる。

1967年、藤本定義に招聘され、阪神タイガース投手コーチに就任。江夏豊を育てた。

退団後は、東京うどん屋を経営。

1979年からは鳥栖市で喫茶店を経営していた。

その後は久留米市に在住。久留米井筒屋内での喫茶店経営、RKB毎日放送野球解説者を務めた。


1985年西鉄ライオンズOB会発足と共に、初代OB会長に就任。

OB会長として、池永正明をはじめとする選手の名誉回復、

西武ライオンズとのOB会統一活動*2に大きく貢献した。


2006年4月25日、胆管がんのため久留米市内の病院で逝去。

*1ライオンズエースナンバーとして受け継がれる。

*2:未だ実現していない。