川染喜弘

音楽

川染喜弘

かわそめよしひろ

川染喜弘Yoshihiro Kawasomeプロフィール・・・・1977年生まれ。僕のliveは????に思えたり、ぐだぐだでどうしようもないもの、そしてユーモアたっぷりだけど、まるで、無人島で未知の芸術に出会った、訳が分からなかったけれど、その奥の何かを感じた、そんな風な感じが自分の目指す一つのゴールだ。

価値観、生き方、等、全く異なる人でも愛を持って、本気で挑めば何かで分かりあえると思っている。

そして思春期に呼んだ漫画の様な、笑ったり、菓子でも食べながら気さくに読んでいるのだけど、その奥に何かを感じることが有る。

気がついたら大人になった今でもそのとき得たことが生きる指針になっていたり、生きる支えになっている、その様なことが有る、そんな感じが自分には大事でユーモアの要素も大事にしてきた。

今まで、長い間、この表現に人生をかけ魂を注ぎ込んできた。

歳を重ねるたびに一つ、一つのliveがどんどん貴重なものになる。

今までの全ての魂を注ぎます。

lo-fiに信念を持ち、独自の実験音楽、 極アヴァンギャルド,サウンド/パフォーマンスアートを表現。ライフパフォーマンス。

体感して頂かないと言葉で、説明するのは無理に近いが、

過去の作品のほんの一部として、

指パッチンの練習、9つのrapを流しながらrapする聖徳太子rap、ピンポン球を用いた演奏、

糸電話rap、心音を小型マイクで増幅し、運動をすることで、心音のbpmを変える、

譜面上の演劇など。このようなパフォーマティヴなライブをやってきたけれど、近年削ぎ落とされてきている。「線」が「点」になりつつある。演者がステージで何かに人生を賭け全ての魂を注ぐ。

フィナーレフェニックス編、突入中!フェニックスが光の粉をまきあげ天に羽ばたく!



『活動履歴』多摩美術大学での8時間×4日間連続live。

DJぷりぷり主催、「ぷりぷりの直感」「ハーブティーを飲もう」、西麻布bullet's 10th ANNIVERSARY、高円寺studio dom主催、「cosmo」、「RUDE MEETING」、円盤ジャンボリー出演。高円寺円盤での24時間連続ライブ。Rad.Commons主催イベント出演。等々。

liveの詳細につきましては、liveの詳細につきましては、http://kengaijigoku.web.fc2.com/kawasome.htmlに書いてもらっているライブレポートを是非御覧頂ければと思います。

期間限定で動画をアップ!川染喜弘のlive作品は日々変化し毎回その場で制作されるので、毎回大きく異なりますが、根本は近いです。参考にどうぞ!ライブレポートと合わせて鑑賞頂けましたら何倍も楽しめると思います! http://www.youtube.com/watch?v=vAq9tF4luVEhttp://www.youtube.com/watch?v=RtA61BZrrYAhttp://www.youtube.com/watch?v=cd8BbHDCX-chttp://www.youtube.com/watch?v=vNDZIjX3kk4

このライブレポート、動画を御覧頂きまして興味をお持ち頂いた方は、是非ライブのオファーを頂ければと思います!

今まで、音響設備の全くないような例えばストリートでもライブをやってきました!

最近、特に大秘境に突入しつつある。????なliveだけど最後には光の方へ向かっている。





四国出身、多分高松市東京在住。(音がバンド名)、カニバリズムガンジー・バンドのフロントマン、そして最近はソロアーティストとしての活動もなおもさかんである。(音がバンド名)、ソロでのライブは毎回同じ曲をほとんどせず、ファミコンの音と映像をバックトラックにしたフリースタイル・ラップを得意としている。その内容はそのファミコンゲーム内で感じた事、カラオケにして歌謡曲を歌うなど、時に突如として思いもよらぬ展開でアクシデントも含め観客を虜にすることもあります。

なおファミコン以外のキザイ(機材、器材)では楽器は勿論のこと、ホームセンターで売ってるような物、玩具、漫画本、食品を多用し、子供のごっこ遊びを大人としてのエンターテインメントとして昇華している。